ヨーグルト以外に乳酸菌を含む食品の紹介

 

ヨーグルト以外に乳酸菌を含む食品の紹介

 乳酸菌が含まれている食品として代名詞とも言えますのが『ヨーグルト』や『チーズ』等の乳製品ですね。特にヨーグルトの中でも様々な効果を宣伝している物が近年では種類も豊富です。例えば、ビフィズス菌に免疫アップ効果、ピロリ菌対策に等々安いからという視点で探すのではなくて、乳酸菌の種類で選んでみるとまた違った選び方ができるますね。ただ、このヨーグルトが一番良いです!といのは実は人それぞれ合う合わないがあるから一概には言えないので、腸を元気にし乳酸菌を効率よく摂取したい方はサプリメントがオススメです。また、胃酸に弱いので口から摂取しても途中で死滅してしまうとい弱点をサプリメントはカプセルを使用することで胃酸から守る事が可能です。

 

 また、乳酸菌というと、乳という文字が入っているので、乳製品を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は身近な食品で意外な物にも入っています。発酵食品にも乳酸菌は含まれています。例えば、 『醤油』『日本酒』『味噌』『キムチ』『納豆』などがあります。

 

 動物性乳酸菌の代表的な食品でもある『ヨーグルト』や『チーズ』は日本人に多いと言われている乳糖不耐症の割合が高いので下痢をしてしまったり、味が苦手という人も多いです。しかしそういった方は植物性乳酸菌を摂取することで解決します。植物性乳酸菌の代表として先程も述べましたが『醤油』『日本酒』『味噌』『キムチ』『納豆』等がありますので普段の食生活にも意識しながら取り入れていきたいですね。

 

《おすすめ乳酸菌サプリ BEST1!》

(1)【花菜の選べる乳酸菌】

一緒にダイエット効果も期待できると評判のサプリです。

乳酸菌と一緒にオリゴ糖を摂取して乳酸菌を増やそう

 

乳酸菌と一緒にオリゴ糖を摂取して乳酸菌を増やそう

 乳酸菌は、腸内環境を高めるために欠かせないものとなりました。毎日少しずつでも摂取できると、体調を整えるのに役立ちます。しかし、「乳酸菌だけ」を摂取するのはNG。どんなに良質な乳酸菌を体内に取り込んでも、腸内で育てることができなければ意味がないのです。乳酸菌を腸内で育てるにはエサとなるものが必要です。おすすめしたいのが「オリゴ糖」です。乳酸菌はオリゴ糖を餌に体内で増えていきます。オリゴ糖は腸内まで分解されることなく届くので、生きたまま届く乳酸菌を育てるには最適のエサになります。

 

 オリゴ糖は普段の食事からも摂取可能です。おすすめしたいのが玉ねぎです。玉ねぎのオリゴ糖含有量はバナナの8本分に相当するのだとか。玉ねぎをたっぷり使った料理とデザートにヨーグルトというような組み合わせにするとよいでしょう。きなこなどのたんぱく質やごぼうなどの繊維質とも一緒に食べるのもいいですよ。

 

 オリゴ糖は水に溶けにくく大腸でも消化されないため、炒める・煮るなどの調理でも摂取可能です。しかし、食材から摂取できるオリゴ糖はごくわずかです。近年異常気象による食品の高騰が懸念されるなか、普段の食事からオリゴ糖を摂取というのも難しいですよね。ここでおすすめしたいのがオリゴ糖サプリメントです。普段の食事にプラスできる液状のものや、タブレットタイプまで幅広い種類があります。食事以外で手軽にオリゴ糖を補給できると、乳酸菌をしっかり増やすことができますよ。