銀行系カードローンの基礎知識

         〜目次〜

 

・銀行系カードローンとは


・銀行系カードローン申込に担保・保証人は必要?


・銀行系カードローンを利用するの際保証会社の役割


・銀行系カードローンのQ&A

 

銀行系カードローンとは

銀行系カードローンとは
 銀行系のカードローンとは、 個人向けに最大で1000万円まで借り入れが可能です。使用目的は教育ローンや住宅ローン、新車ローンといった使用目的がなく自由です。以前は審査に時間を要してい ましたが、最近では即日借入が可能な銀行系のカードローンも増えていますから 、とても身近になりました。また、総量規制により消費者金融やキャッシングでは収入の3分の1の金額しか借り入れができなくなってしまった事や、お借入やご返済は、コンビニのATMをご利用いただくことも可能という利便性や、銀行のカードを持っていなくても申し込みが可能という気軽さが、銀行系のカードローン利用者の急増した要因の様です。

 

 金融機関によっては、カードローンを利用するにあたってその金融機関の優遇サービスの特典がある事もあります。例えば、同じ金融機関でカードローン以外のローン(教育ローンや、住宅ローン)の金利が下がったりしますので、賢く利用すると更にお得ですね。

 

 メリットも沢山ありますが気をつけていただきたいのは、やはり返済がしっかり出来るかどうかは見極めておきましょう。返済シミュレーションというのもが簡単な必要項目を入力するだけでイメージができるので、賢く利用してみましょう。使いすぎや、借りすぎに注意をして無理のない返済計画を立てて利用すること。金利や返済額をしっかり把握することが賢い借入れができて、きちっと返済をすることができるのです。

 

銀行系カードローン申込に担保・保証人は必要?

銀行系カードローン申込に担保・保証人は必要? 結論から言うと、銀行系カードローンは申し込みに担保や保証人が必要ない、無担保・無保証人の金融商品となります。では、なぜ無担保・無保証人で成り立っているのでしょうか。その理由は、実はローン申し込み時の審査は銀行ではなく、各銀行が指定する「保証会社」と呼ばれるところが行っているからです。ここで言う保証会社とは、大手金融機関や銀行の子会社などが該当します。

 

 この保証会社は、「申込者の信用性(きちんと返済してくれるかどうか)の調査」「返済が滞っている場合の銀行への代位弁済(返済の肩代わり)」「債権者(返済しなかった人)へのお金の回収」の役割を担っています。

 

 つまり、この保証会社が、担保・保証人と同じような役割を果たしてくれていることになります。この保証会社を経由して審査が行われることにより、銀行側は審査から債権の管理までの業務を委託できるため業務量やコストの削減ができ、申し込む側も担保や保証人を用意する負担を省くことができています。ただし、注意点としては、一般的な保証人とは異なり、保証会社からの督促に応じる必要があります。また、無担保・無保証の分だけ、銀行系カードローンは審査が厳しく、承認まで時間がかかります。

 

銀行系カードローンを利用するの際保証会社の役割

 

銀行系カードローンを利用するの際保証会社の役割 保証会社の役割の1つが「融資対象者の代わりにローンを返済する」ことです。保証会社は融資対象者を保証してくれる会社であるので、銀行系カードローンに対して順調にローン返済をおこなっている場合は何もおこなうことはありません。ですが、収入が減ったり勤務先がなくなったりと何らかの事情で融資対象者のローン返済が滞るようになると、保証会社は「代位弁済」という役割を果たすようになります。

 

 「代位弁済」とは融資対象者の代わりにローンを返済するということです。代位弁済をおこなうと法的効果によって、保証会社は融資対象者に対して「求償権」というものを取得します。求償権が発生すると、融資対象者は銀行系カードローンではなく代位弁済をしてくれた保証会社にたいして返済をしなければいけません。

 

 保証会社の役割の2つ目は「融資対象者を審査する」ということです。保証会社は銀行系カードローンの代わりに融資対象者の審査をおこない、ローンを組むかどうかの判定をおこないます。判定自体は、保証会社が独自に持っている基準に基づいて融資対象者の年収や勤務先の信用度合い、勤続年数などを総合的に判断して決断を下します。この審査を通らないと銀行系カードローンでローンを組むことはできません。

 

 保証会社の審査が終わると今度は銀行系カードローンによる本審査が待っています。ただし保証会社でローンを組むのに必要な審査が一通り終わっているため、銀行系カードローンでおこなうことは、提出された書類に記載されている勤務先に本人が本当に務めているかの確認や本人確認書類の住所や氏名、生年月日があっているかなどの確認作業だけです。

 

 銀行系カードローンに支払う利息の何割かが保証会社に渡っており、銀行系カードローンと保証会社の共倒れを防ぐために保証会社の審査は銀行系カードローン単独での審査よりも厳しいといわれています。ただし審査が厳しい分、金利そのものは低めに設定されているのが特徴です。

 

銀行系カードローンのQ&A

Q1.銀行系カードローンの使いみちは何でも大丈夫?
A1.原則は自由ですが、事業性資金には使用できません。また各銀行系カードローンの申込みの際に明記はしてませんが、ギャンブルの軍資金や、株やFXも同様に信用性に欠けるので審査の際に注意したいポイントです。では皆さんどんなシーンで銀行系カードローンを活用しているかというと、生活費の足しに、飲食・交際費に、冠婚葬祭費。急な入院・高額な治療費にも対応してくれます。また、教育資金、車の購入・整備費、レジャー資金など、まとまった金額が必要になった際に活用できます。

 

Q2.途中で増額することは可能ですか?
A2.はい。各銀行系カードローンの会社によって異なりますが、電話や、ローン契約機にて手続きすることで、限度額内で増額することは可能です。しかし、再度必要な審査があったり、書類の提出が求められます。増額を最初から視野に入れているのであれば、申し込みの時点で必要な金額を申請しましょう。計画的な借り入れをすることで返済もスムーズにいきます。各銀行のホームページで返済シミュレーションで返済期間や毎月の返済額、借り入れ可能額も調べることができるので、活用してみると良いですね。

 

Q3.利用明細は自宅や職場に届きますか?
A3.基本的に上記で紹介しているカードローンの利用の際は自宅や職場に郵送されることはありません。希望する場合は手続きが必要になっています。また、ネットにて残高の照会や返済手続きも会員ページにログインすることにより毎月郵送してもらう必要もありませんし、ATMへ出向かなくても調べることができます。返済日のお知らせメールに登録することで返済日を忘れずに済むというメリットもあります。また会員ページからいつでも増額の申請も簡単にできるので、カードローン申請後は会員登録をしてみましょう。

銀行系カードローンに関する役立つ基礎知識をまとめて紹介記事一覧

今日、自宅にいながらお金を借りることができる便利な時代になりました。銀行系カードローンは使用目的も問われないので特に急なピンチや、生活費の足しにするという事も大丈夫なんです。銀行系カードローンについて 銀行系カードローンとは、融資元が銀行が扱っている使途目的が自由なローンのことです。買い物もどこにいてもインターネットで利用できる便利な世の中なので、時と場所を選ばずに融資もしてもらえるそんな時代にな...

 具体的な銀行名を挙げてカードローンの限度額と金利の関係について解説しています。各カードローンによって異なる限度額や、借り入れる前に注意するべきポイント、事前に知っておくといい情報を紹介。銀行系カードローンの限度額について具体的に紹介 三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など多くのカードローンが存在しており、どれにしようか悩まれる方もおられると思います。しかし、この銀行以外のものもそうですが、比較して...

 銀行系カードローンを利用することができ、いざ返済する時はどういった流れになるのか?返済方法について、紹介しています。万が一返済日を過ぎてしまった場合についても解説します。銀行系カードローンでお金を借りたらどうやって返済するのか? 銀行系カードローンの返済方法は、口座から自動的に引き落とすというのが基本になります。しかしこの方法は口座に引き落とされ期日までに毎月の返済額が入っていないといけません。...

 銀行系カードローンを利用する際、借り入れる限度額の制限について解説します。自分自身がいくら借りられるのかを知るためにも、総量規制について知識を深められるようにまとめて紹介しています。銀行系カードローンは総量規制の対象になるのか? 銀行系カードローンに借入額の制限があるかについて紹介します。総量規制という言葉をどこかで聴いたことがありますか?総量規制とは、過剰な借入れを防ぐ為に年収の3分の1を超え...

page top