銀行系カードローンとは?

今日、自宅にいながらお金を借りることができる便利な時代になりました。銀行系カードローンは使用目的も問われないので特に急なピンチや、生活費の足しにするという事も大丈夫なんです。

銀行系カードローンについて

銀行系カードローンについて 銀行系カードローンとは、融資元が銀行が扱っている使途目的が自由なローンのことです。買い物もどこにいてもインターネットで利用できる便利な世の中なので、時と場所を選ばずに融資もしてもらえるそんな時代になっています。また銀行系カードローンは消費者金融よりも金利が低いので安心感があるというのが特徴のひとつとして挙げられます

 

 使用目的を問われないフリーローンは、現在人気を集めています。何故なら現在法律の改正によって借入できる総額が制限される総量規制(年収の3分の1までしか借り入れができないという制度)があるので返済できないような借り入れができなくなっているからです。確かに、返済できなくなってしまったら元も子もありませんが、急にお金が必要になるシーンは多々あります。また、24時間365日いつでも利用できるのが銀行系カードローンです。銀行系カードローンは総量規制の対象ではないので借入れられる金額に制限はありません。かといって審査がありますので審査の結果によっては希望の金額を借入れられるは限りませんが、一方銀行のフリーローンより審査の基準が低い傾向にありますので、より身近な存在になってきています。

 

 しかしながら使用目的が自由が故に借りすぎてしまわないように、自己管理が必要になりますので充分注意して借入れることをお勧めします。また、フリーローンの場合、キャッシングやカードローンと違ってまとめてお金を借りるという面で低金利であるというメリットがありますが、再度追加で借入れようとすると手続きが必要になってきます。ですからまとまった金額が取り急ぎ必要の際に向いているのが、使用目的を問われない銀行系カードローンといえるでしょう

 

ここがポイント!

銀行系カードローンなら24時間いつでも利用できてしかも低金利!

 

銀行系カードローンの特徴とは?

銀行系カードローンの特徴とは?

 銀行系カードローンは、信販会社や消費者金融などのカードローンと比較した場合、いくつかの特徴があります。まず、銀行系カードローンの金利のほうが、ノンバンク系カードローンよりも低いのが一般的です。ある大手都市銀行の銀行系カードローンで100万円を借り入れたときの利率は14.6%ですが、ノンバンク系のカードローンで同じ金額を借り入れたときの利率は上限金利いっぱいの18.0%です。

 

 次に、銀行系カードローンの利用額が、貸金業法に規定されている総量規制に含まれないことも、銀行系カードローンの特徴です。平成22年度に施行された総量規制により、個人は消費者金融から年収の3分の1を超える金額の借り入れができないようになっています。しかし、銀行系カードローンの借入額は総量規制に含まれないため、すでに消費者金融などから借入を行っている人でも利用できることになります。

 

 そして、ノンバンク系カードローンでは、専業主婦の利用ができないことがほとんどですが、銀行系カードローンでは専業主婦の利用可となっていることも珍しくありません。夫の源泉徴収票など所得を証明する書類の提出が必要にはなりますが、主婦でも気軽に利用できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

 

 

銀行系カードローンとそれ以外のカードローンの違い

銀行系カードローンとそれ以外のカードローンの違い 銀行系カードローンの代表として、新生銀行のレイク、SMBCモビット、プロミス、アコムがあります。ころれらのカードローンは即日審査や即日融資が可能なので、急にお金が必要になった際はとても便利です。しかし、総量規制の対象になるのかどうかで融資してもらえる金額は変わってきます。

 

 銀行系カードローン以外に、カードローンは銀行や、地方銀行、信用金庫でも取り扱いがあります。様々な金融機関が扱っているカードローンの中でも、おまとめ一本化に向いているカードローン、即日で借りられるカードローン、低金利で借りられるカードローン、低金利で借りられるカードローン、収入証明なしでも借りられるカードローンがあります。どれも特色があるので利用する人にとって一番い良いカードローンを探すのには比較が必要です。

 

 カードローンを選ぶ際のアドバイスとして、まずはあちこち申し込むのではなく手持ちの銀行が扱うカードローンについて調べましょう。それから金利や利用できる限度額、必要書類も何が必要かどうか、審査に費やす期間等をまとめて比較してみます。まとめサイトを上手に活用すると情報を一覧表でまとめてあるので参考にしてみましょう。

 

カードローンは特徴を比較して上手に利用しましょう!

カードローンは特徴を比較して上手に利用しましょう!

 金融機関から低金利でお金を借りる方法としては、銀行が発行するカードローンを比較して利用するのが一番おすすめの賢い方法です。

 

 通常、銀行の住宅ローンや教育ローンを借入する場合は保証人が必要ですが、銀行系カードローンの場合は保証人は原則不要です。又、用途は自由なので使い道に制限はありません。借入金利は目的別ローンより若干高めの設定ですが、余裕があるときに返済できるので無駄な金利を支払う必要がありません。

 

 又、銀行カードローンでは契約額に応じて借入金利が異なり、契約金額が大きいほど低金利になるのが特徴です。各金融機関の借入金利を比較して上手に利用しましょう。

銀行系カードローンと銀行カードローンの違いとは?

 メガバンクが発行している銀行カードローンと、銀行という名前がついていますが、銀行系カードローンの違いについて解説します。それぞれ保証会社は異なりますが、銀行も銀行系のカードローンも信販事業を行う会社が保証会社として審査を受け持ています。

 

 下記の表(※1)銀行カードローンと(※2)銀行系カードローンを参考にしていただき、三井住友銀行と、横浜銀行、プロミスから同時に借り入れようとした場合、審査機関が重複してしまうので、審査が下りなくなってしまうケースもあるので注意が必要です

 

(※1)

りそな銀行 プレミアムカードローン りそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション
横浜銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(株)
セブン銀行 アコム株式会社
楽天銀行 楽天カード株式会社または株式会社セディナ
じぶん銀行  アコム(株)

 

(※2)

アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
オリックス銀行 オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
プロミス SMBCグループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンス
住信SBIネット銀行 カードローン オリックス・クレジット株式会社または株式会社ジャックス

 

 

 次に銀行のカードローンと、銀行系カードローンで、何が違うのかそれぞれ、借り入れから、返済方法で見比べてみましょう。

 

 銀行のカードローンは、その銀行の口座を持っていないと借り入れができません。しかし、申し込みの際に一緒に開設することは可能ですが、口座を持っていようが持っていまいが審査に時間がかかってしまうという傾向があります。また、返済方法は選べますが、自動引き落としなので、うかっり返済し忘れるという事がなさそうですね。

 

 銀行系のカードローンは、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・楽天銀行など、お手持ちの口座に振り込んでもらう事が可能です。その他にコンビニ等に設置されているATMから借り入れるという方法もあります。返済方法は、自動引き落としもありますが、その他に提携銀行のATMや、コンビニに設置されているATMでの返済。PCやスマホでインターネットによる返済方法からも選べます。

 

 こうしてまとめてみると、銀行系カードローンの方が借り入れも返済方法も多種多様に選べる傾向にあると言えるでしょう。銀行のカードローンよりも、銀行系カードローンの方が借り入れるまでに時間がかからないことや、借り入れや返済方法が多様にあることからも、身近に利用している方が多いのです。少額から借りやすいという事からも、生活費や、子育て、趣味にかかるお金の助けとして重宝しています。

 

ここがポイント!

銀行系カードローンなら手持ちの口座に振り込んでもらえて返済方法も多種多様に選べて便利!

 

page top