にんにく卵黄の成分について

にんにく卵黄は自然の食材からできています

にんにく卵黄の成分をご存知ですか?

にんにく卵黄は自然の食材からできています

 巷にあふれるサプリメント類ですが、原材料について調べてみると驚くような現実があります。よくサプリメントと薬を混同して認識している人がいますが、それもそのはずです。サプリメントの原材料は、薬と同じように科学的に合成されたものが使われていることが多いからです。そうなると、逆にサプリメントは薬のように即効性を求められてしまうので、成分構成がより困難になっていくのです。

 

 サプリメントは健康補助食品の位置づけです。あくまで食品であるべきです。食品であるということは、つまりは天然の食材を原材料として使うということです。そう考えると、にんにく卵黄は、まさしく天然の食材を使った健康補助食品なのです。原材料は、にんにくと卵黄のみです。にんにくは厳選された良質のニンニクを使っており、もちろん保存の為の芽止め剤といった薬剤などを一切使っていない高品位な素材が使われています。卵黄の元になる卵にもこだわりがあります。卵の品質は、卵を生む鶏が食べる飼料の内容が重要です。遺伝子組み換え操作をされたものや合成飼料、農薬が使用されたものは使っていませんし、抗生物質も入れていません。人間が食べても大丈夫な飼料で鶏は育てられているのです。

 

 にんにく卵黄は天然の素材をギュッと凝縮して作られた健康補助食品です。もちろん、薬とは違いますのですぐに効果が出る、という類のものではありません。ですが、毎日食べ続けることで日々の健康を高いレベルで維持することが可能になります。

毎日摂取したいにんにく成分とは?

 

毎日摂取したいにんにく成分とは?

 臭いが苦手という方もいますが、にんにくは健康維持の効果があることでも知られていますよね。体をサポートする成分が豊富に含まれており、とても栄養価が高い食材です。にんにくの成分に期待できる効果には、他にもさまざまなものがありますよ。

 

 にんにくの中に含まれているアリシンという成分には血管を拡張する働きがあり、血行を良くします。そのため、血液の巡りが良くなり、冷え性を軽減する効果に期待できるでしょう。

 

 もっとも認知度の高い効果が疲労回復です。アリシンは、ビタミンB1と結合することでアリチアミンに変化します。アリチアミンは血液中に長く留まることができ、疲労回復に期待できるとされています。

 

 また、近年の研究により、にんにくには殺菌作用があることが分かってきました。細菌から体を守ることができ、免疫力の向上にも役に立ちます。

 

 にんにくは、毎日摂取することが理想とされています。にんにくを毎日摂取すると良い理由は、少しずつ継続して摂取することで効果を発揮するためです。にんにくを食べ過ぎると血液中のヘモグロビンが減少してしまい、腹痛やめまい、ならびに嘔吐などを引き起こす可能性があります。そのため、適量を毎日摂取することが大切なんですね。目安として、生で食べるときは1片ほど、加熱して食べるときは4片ほどが良いとされています。

 

 このように、にんにくは健康を維持するために優秀な食材です。日頃から意識して摂取することを心掛けましょう。

page top