グルコサミンとコンドロイチンについて

両者の成分をバランスよく摂取することが重要です

両者の成分をバランスよく摂取することが重要です

 グルコサミンが配合されているサプリメントを見てみると、コンドロイチンという成分が一緒に配合されている商品も多いです。これは山芋や納豆、オクラといったネバネバ成分の中に含まれている成分です。両者とも関節に対して効果を発揮するのですが、その役割が若干異なります。

 

 グルコサミンは軟骨の弾力を増すことで、関節の動きをスムーズにする効果が期待できます。一方コンドロイチンは、関節痛を発症するのを防止する役割があります。前者は軟骨を再生してくれる役割があって、後者は軟骨が摩耗するのを防ぐ役割があります。つまり両者には、攻めと守りの性質の違いがあるわけです。このため、両者を一緒に摂取することによってトータルで関節のケアができます。もし膝の痛みが気になってサプリメントを購入したいのであれば、上で紹介した2つの成分が配合されている商品を購入するのが望ましいです。

 

 また、両者が配合されているサプリメントの中から、どのような比率で配合されているのかについても検討する必要があります。グルコサミンとコンドロイチンは、5:4になるようなバランスが最も理想的といわれています。ちなみに体重が54s以下の人が摂取するのであれば、それぞれ1000rと800rで構成されているようなサプリメントを摂取すと最も効果が期待できます。この2つの成分は相互作用を働かせて、より高い効果を発揮してくれます。せっかくですから、バランスの取れているサプリメントを探してみましょう。

 

グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取する理由とは?

 

グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取する理由とは?

 年齢を重ねるごとに、関節が動きにくくなったり、関節に痛みを感じたりするようになったという方も多いのではないでしょうか。関節には軟骨があり、骨と骨がぶつかり合わないよう、クッションに似た働きをしています。関節が動きにくくなったり、痛みを感じたりするのは、この軟骨がすり減ることが原因なんですね。

 

 軟骨は、グルコサミンやコンドロイチンを主な成分としています。軟骨をすり減らさないようにするためには、主な成分であるこの2つの成分を適量、欠かさずに摂取することが大切です。

 

 グルコサミンならびにコンドロイチンは、体の軟骨を始めとする細胞に存在するものです。グルコサミンはアミノ酸のひとつで、体内で生成された後、軟骨だけでなく、結合組織に広く作用します。一方、コンドロイチンは炭水化物のひとつです。体内においては、主に軟骨に存在している物質となります。どちらも体の動きをスムーズにするのをサポートする働きが期待できると考えられていて、一緒に摂取することで相乗効果が期待できると言われています。

 

 しかし、加齢と共にグルコサミンやコンドロイチンの生成も減るとされているんですね。そのため、年を取るにつれ、意識的に摂取する必要があります。特に、60歳を超えるあたりから、関節の動きの悪さや痛みを訴える方が一気に増加する傾向にあるため、より摂取を意識することが大切です。元気があるうちから予防に取り組み、充実した老後を送れるようにしましょう。

page top