現役薬剤師が選んだ薬剤師転職サイトの人気ランキング!

現役薬剤師が選らんだ薬剤師転職サイトをランキング発表!

 

現役薬剤師が選らんだ薬剤師転職サイトをランキング発表!

 薬剤師の転職事情を現役の薬剤師からWEBアンケートを実施し、これから転職を検討している方々の参考になる様に調査しました。そんな現役の薬剤師の方々からの貴重な意見を基に、薬剤師求人転職サイトをランキング形式で発表しています。

 

 男性と女性で薬剤師の転職経験について比較すると、女性の方が比較的転職経験が多いという結果になりました。女性は結婚や出産でブランクがあっても可能な転職先を探していたり、出産育児休暇がしっかりしている職場を求めて転職する傾向もみられました。男性の転職理由として一番多かったのはスキルアップや収入アップアップという事から、転職にかける時間は4ヶ月から半年以上かけているようです。というのも定年まで働けるのか慎重になるからだそうです。転職サイトならそこまで見据えた転職活動を可能にしてくれます。

 

 また調査結果から転職をする際に利用したのが薬剤師専用の転職サイト、次に知人の紹介、直接紹介などでした。年代別で見ても転職サイトを利用する方は半数以上いました。またスマホで気軽に登録や閲覧もできるから、薬剤として働きながらでも、通勤中に転職活動ができとても便利だったという統計も出ています。

 

 〜目次〜

 

・薬剤師のアンケート集計結果から読み取る転職事情とは?


・薬剤師のアンケート調査概要


・現役の薬剤師は何を基準に薬剤師転職サイトを選んだのか?


・薬剤師が転職を後悔した理由ランキング


・年代別薬剤師の転職する際のポイントとは?


・薬剤師転職サイトのこんなコンサルタントは嫌だ!頼りになるコンサルタントとは?


・現役の薬剤師からWEBアンケートを集計し人気転職サイトをランキング形式で発表!


・薬剤師転職サイト選びにもう迷わないポイント


・薬剤師の転職条件は『今より好待遇?』or『長く続けられる職場?』


・薬剤師にWEBアンケートをし薬剤師転職サイトの魅力を解析


現役薬剤師のアンケート結果から分かる今どきの転職事情とは?

 

 現役の薬剤師を対象に転職に関するアンケート形式で調査しました。最近転職した薬剤師の転職事情から、転職前と転職活動中の様子も結果から分かります。転職サイトを利用した期間や、利用してみて良かった点などについても参考になるようまとめました。転職成功者達の意見を基に集計しているので、これからの転職活動に役立てて頂けたら幸いです。

★転職した理由!

 

スキルアップ
年収アップ
キャリアアップ

 その他: 職場の人間関係待遇面の不満結婚出産など。

 

★転職サイトを利用してよかった点!

 

給料アップや勤務条件を調整してくれた
条件に近い良い求人案件が出たら知らせてくれた
短期間で転職活動が終わった

 その他: 登録が無料働きながらでも転職できた履歴書や職務履歴の書き方を教えてくれたなど。

 

★転職サイトを利用した期間

 

2ヶ月
3ヶ月
1ヶ月

 その他: 4ヶ月5か月6ヶ月以上

 

★転職の際に重視したポイントは?

 

年収
勤務時間・年間休日数
福利厚生の充実

 その他: 通勤時間転職先の情報が豊富か有給の取りやすさなど。

 

薬剤師のアンケート【調査概要】及び結果

薬剤師のアンケート調査概要

調査目的:現役薬剤師はどんな転職サイトを利用した満足度を調査し、転職に成功したのか?薬剤師転職サイトの紹介を行う。

 

調査方法:外部WEBアンケート調査及び当社独自の調査。

 

実施者:「薬剤師転職サイトを比較してみました」運営事務局

 

有効回答数:162名

 

調査対象者:転職サイトを利用経験のある20代から50代の薬剤師

 

調査実施期間:令和2年10月1日〜令和2年12月31日

 

薬剤師のアンケート調査結果

1位:リクナビ薬剤師(48票)
2位:日本調剤ファルマスタッフ(41票)
3位:薬キャリ(38票)
4位:マイナビ薬剤師(35票)

 

 現役の薬剤師で転職サイトを利用したことがある方へのwebアンケート結果によると...、転職サイトを利用して転職した結果、給料アップや勤務条件が良くなったという回答が多かったです。転職サイトを利用した期間として最短で2週間という回答している方もいました。自力で、しかも働きながらとなると転職活動が思うようにいかなかったけれど、薬剤師転職サイトを利用することでスムーズな転職ができたそうです。現役の薬剤師の方のアンケートによると、転職サイトに登録することで満足のいく転職活動ができる傾向にあるという事が分析結果としてわかりました。

 

現役の薬剤師は何を基準に薬剤師転職サイトを選んだのか?

 

現役の薬剤師は何を基準に薬剤師転職サイトを選んだのか? 薬剤師の転職でまず大切なのが、「どんな薬剤師転職サイトを選ぶか?」というスタート地点での判断です。転職活動において転職サイトの存在はもはや欠かせませんが、質の悪いサイトを選んでしまうと、転職に成功する確率も低くなってしまいます。

 

 そこで、転職に成功した現役の薬剤師はどんなサイトを利用して転職を成功させたのかを調べ、転職サイト選びの基準を以下にまとめました。アンケートによると、転職サイト選びの基準として最も重視するという人が多いのが、サイトの取り扱う求人件数です

 

 確かに、求人数は転職サイト選びにおいて非常に重要なパートを占めています。どれほど質の良い求人を扱っていたところで、そもそも母数が少なければ、激烈な競争を勝ち抜かなければならなくなるからです。自分の希望条件に適う求人がたくさん登録されていることが、転職サイト選びの第一の基準と言えるでしょう

 

 求人数の次に多くの人が基準としているのは、取り扱う求人の質です。求人数の条件をクリアしたら、今度は質を重視するというのは当然の判断でしょう。求人件数、取り扱う質に続いて、多くの薬剤師が転職サイト選びで基準としたポイントが、「どれだけサポートが充実しているか」です

 

 求人を掲載しているだけのサイトの場合、結局、求人探しから応募、面接まですべて独力で行わなければなりません。しかし、たとえばコンサルタントがついてくれるようなサイトであれば、面接日程の調整等、さまざまな手間を大幅に軽減できます。サポート力の高さは、薬剤師の転職サイト選びにおいて非常に大きなポイントです。

薬剤師が転職を後悔した理由ランキング

 

 薬剤師の転職は売り手市場で、好待遇の職場が多いにも関わらず、後で後悔するケースが見られます。現役の薬剤師からアンケートを実施した結果、転職に失敗してしまったと後悔する理由は、主に次の3つ『職場の雰囲気になじめなかった』『収入・給料面で後悔』『焦って転職してしまった』でした。

 

 転職のきっかけは人それぞれですが、後悔しないために事前にできることがあるのならば、参考にしてみてください。下記の転職を後悔した理由として自己流で転職活動をしていたという意見もありました。薬剤師転職サイトを利用することで転職先の職場の雰囲気を知ることができたり、多くの薬剤師の転職をサポートしている経験から、転職のタイミングのアドバイスもしてくれます。

 

職場の雰囲気になじめなかった

 

 薬剤師の職場は、一般的に小規模・少人数で、やや閉鎖的な環境でもあります。まして一旦職場が決まれば、その後配置換えなどめったにありません。そのため、転職先の職場の雰囲気はとても重要です。

 

 先輩薬剤師に自分をけぎらいする人がいたり、上司がいつもピリピリと神経をとがらせていると、一日中その場に耐えなければありません。あるいは、職場そのものが不便で散らかっていて、仕事をする気持ちが失せてしまうような環境なら、長期で働くモチベーションが失せてしまうかもしれません。

 

 自分にとってなじみにくい職場へ転職してしまうと逃げ場がないという理由などから、仕方なく転職するケースが見られます。

 

収入・給料面で後悔

 

 薬剤師の転職でもっとも重要視されるのが給与面です。ニーズの高い職種ですので、多くの場は給料スライドかアップするのですが、中には下がってしまうケースがあります。あるいは、給料の額は変わらないのに、仕事内容や勤務条件がきつくなることもあって、はじめの給料を受け取ってそのまま再転職するケースがあります。

 

焦って転職してしまった

 

 好条件の転職先がいろいろあるので、『今、転職しなければソン!』と、焦って転職するケースがあります。職場の様子や仕事内容、福利厚生などをろくに確認しないこともあって、焦って転職した人には後悔するケースが見られます。

年代別薬剤師の転職する際のポイントとは?

 

 年代別で異なる転職に気を付けたいポイントとは?薬剤師の資格は一生もので、少子高齢化社会では慢性的に不足とされている職種です。ですから、自分の希望に応じた職場選びが可能で、各年代で転職メリットが得られることでしょう。

 

20代転職する際のポイント

 

企業全体で、第二新卒が優遇される時代です。その点で、薬剤師も就職2年目、3年目の第二新卒の求人が目立ちます。ただし、20代の転職では、3年以上の現場経験があると給料面でも勤務条件でも自分に有利になる傾向があります。それは、3年以上の実績があれば即戦力になることから、安心して雇用できるという理由からです。

 

30代転職する際のポイント

 

 30代の転職は、とくにキャリアを生かした転職にこだわるべきでしょう。自分が専門としてきた知識とスキルを最大限生かせる職場選びにメリットありです。また、家庭を持っている方は、勤務形態や休日についても希望を優先すると良いでしょう。

 

 30代の薬剤師は一般的にフットワークが良く、どんな職場でもそつなくこなせる能力が備わっています。給与面も待遇でも値踏みせずに選ぶのが成功のポイントです。

 

40代以降転職する際のポイント

 

 世間一般では40代の転職はきついとされていますが、薬剤師に限っては問題ありません。転職の目的を明確にし、その課題がクリアできる職場をじっくり選びましょう。もちろん培ったスキルを十分活かせる職場で、更に上のキャリアを目指すことも可能でしょう。

 

 なお、全ての年代で注意すべきは、転職が完了するまでは現職をやめないことです。転職サイトのサポートがあればそれは十分可能ですので、この点は絶対に守ってください。

 

薬剤師転職サイトのこんなコンサルタントは嫌だ!頼りになるコンサルタントとは?

 

 現在、薬剤師の求人状況は極めて良好です。実際に求人広告を確認しますと、好待遇の案内が多数見つかることでしょう。ですから、できるだけ自分の希望を優先した転職・再就職のチャンスを狙うようにおすすめします。

 

 そこで頼りになるのが薬剤師転職サイトですが、より良い職場を得るためには、次の点に注意が必要です。薬剤師のような専門分野では、コンサルタントによって転職が左右される事もあるので、コンサルタントの質で選ぶことも肝心です。また、複数のサイトを登録して、幅広い選択肢も確保しましょう。

 

 まずコンサルタントの質ですが、基本としては薬剤師専門であること、できれば薬剤師の実務実績の多きコンサルタントを選びましょう。専門外のコンサルタントでは、薬剤師の職場がどういうものなのか、どういった環境が働きやすいのか、もちろん適正な給与や福利厚生面の理解が不十分です。ベテランの薬剤師として活躍していたコンサルタントならば、その点を十分考慮してサポートしてくれます。

 

 また、担当案件をたくさん抱えているからと、個々のサポートを適当にあしらうコンサルタントもNGです。情報の伝達が不十分で、こちらの質疑にちゃんと応答してくれないのも困ります。それなのに、希望に合わない応募や面接をしつこく勧めて、手っ取り早く転職を済ませようとするコンサルタントは絶対に選ばないことです

 

 そこで、いくつか候補の転職サイトを複数キープして、同時進行でサポートしてもらうようにしましょう。そうすれば対応の悪いコンサルタントを回避することも難しくありませんし、コンサルタント同士を比較して良いコンサルタントに絞り込むことも容易です

現役の薬剤師からWEBアンケートを集計した人気転職サイトのランキング!

 現役の薬剤師が利用してみて良かった転職サイトはどこ?!薬剤師専門転職サイトを利用したことがある薬剤師にWEBアンケートを実施しました。アンケートを集計し分析をした結果をランキング化しました!転職に成功してスキルアップ年収アップキャリアアップも夢じゃない!

 

 人材不足の今だからこそチャンスです!働きながらでも転職が可能ですし、じっくり時間をかけて納得がいくまで転職活動をする事も可能です。また、薬剤師の転職事情を熟知しているキャリアアドバイザーとの二人三脚の転職活動はとても心強いものになるでしょう。以下の現役薬剤師が選らんだ転職サイトランキングを登録前に参考にしてみて下さい。

 

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師 登録しなくても求人情報を見ることができます。ただし新着求人や非公開求人は無料の登録をすると紹介してもらえます。更にキャリアアドバイザーのサポートを受ける事が可能です。求人情報以外に転職に役立つ情報が豊富です。

 

【リクナビ薬剤師】の転職サービスの特徴
 リクナビ薬剤師を運営する、株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しているから個人情報の扱いを厳重に対応しています。

 

雇用形態 正社員・非常勤・パート
対応エリア 全国
求人件数 35,000件以上
非公開求人 あり(60,000件以上)
紹介可能な業種

調剤薬局
ドラッグストア(調剤併設)
病院
クリニック
漢方薬局
ドラッグストア(OTCのみ)
企業
その他

 

日本調剤ファルマスタッフ

日本調剤ファルマスタッフ

 個別相談でじっくり転職の希望条件を聞き出すことで、満足できる職場へ転職が可能です。全国に拠点があるからコンサルタントが内部事情まで把握している案件情報を提供してくれます。時間をかけてじっくり転職したい方にも向いています。

 

【日本調剤ファルマスタッフ】の転職サービスの特徴
 HPには求人情報以外に、転職だけでなく薬剤師にお勧めする無料スマホアプリの情報が満載です。

 

雇用形態 正社員・派遣・パート・アルバイト
対応エリア 全国
求人件数 60,000件以上
非公開求人 ー(記載なし)
紹介可能な業種

調剤薬局
ドラッグストア
病院
企業
その他

 

薬キャリ

薬キャリ 雇用形態・転職時期・業種・住まいのエリア・名前・生まれ年・電話番号・資格の有無。登録することで非公開求人を得ることができます。最短その日のうちに最大10件の求人を紹介してもらえるので、転職を急いでいる人にも向いています。

 

【薬キャリ】の転職サービスの特徴
 常時4万件の求人数を確保し、医療従事者を総合的なキャリアサービスを展開しサポートしている会社です。

雇用形態 正社員・パート・パート(扶養内)・派遣
対応エリア 全国
求人件数 40,000件以上
非公開求人 あり
紹介可能な業種

調剤薬局
病院
調剤併設OTC
OTC
企業
その他

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師 現役薬剤師でも参加ができる出張転職相談会を定期的に開催しています。状況によって電話やテレビ電話でも対応。開催日に参加できない方でも気軽に転職の相談ができます。希望する年収の交渉も可能で、大手ならではの充実したサポート体制です。

 

【マイナビ薬剤師】の転職サービスの特徴
 求人件数が豊富で、平均求人紹介件数は19.5件!全国の病院・企業・調剤薬局・ドラッグストア等充実しています。

雇用形態 正社員・解約社員・パート
対応エリア 全国
求人件数 60,000件以上
非公開求人 マイナビ薬剤師の40%は非公開求人
紹介可能な業種

調剤薬局
病院・クリニック
ドラッグストア(調剤併設)
ドラッグストア(OTCのみ)
一般企業(管理薬剤師:商社、卸、メーカー、物流など)
DI、学術、MSL、メディカルライター
品質管理・品質保証・PV・薬事
営業(MR・MS・その他)
その他企業
臨床開発モニター(CRA)
治験コーディネーター(CRC)
臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)

薬剤師転職サイト選びにもう迷わないポイント

 

薬剤師転職サイト選びにもう迷わないポイント 売り手市場とまで言われる薬剤師の転職では、いかに自分の希望する条件を満たす求人を確保するかがポイントになります。そのためには実績のある薬剤師転職サイトを選ぶのが一番ですが、ネット上には実にたくさんの薬剤師転職サイトがサービス提供しています。サイトごとに強みやサービス内容に違いがありますから、どれでも良いというわけにはいきません。どの転職サイトを選べば良いのかと迷わないために、選び方のポイントを知っておくと良いかもしれません。

 

 薬剤師転職サイトの選び方のポイントは、まず好条件の求人を多数抱えている大手の転職サイトを選ぶことです。もちろん薬剤師を専門としていて、長年にわたる確かな実績があるところを選ぶようにおすすめします

 

 大手転職サイトの利用メリットとしては、まず薬剤師経験のある優秀なコンサルタントが多数在籍していて、確実性の高い丁寧な就職支援と決めの細かなサポートが期待できます。独自のノウハウと独自の転職ルートを持っていますから、抱えている求人数は非常に多く、幅広いニーズに応えてくれるでしょう。そして、好条件の非公開求人を紹介してもらうチャンスが高まります。

 

 また、大手の転職サイトならば、登録しなくても検索できるので、先にどのような求人を揃えているのか確認しておくのも良いでしょう。さらに実際の利用者による体験レビューや口コミでの評判が良いかどうかも確認してください。絶対的な評価ではありませんが、具体的な話を聞くことで転職サポートの受け方や、注意点を知ることができます。これらの点を押さえておけば、転職サイト選びで迷わないようになるでしょう。

薬剤師の転職条件は『今より好待遇?』or『長く続けられる職場?』

 

薬剤師の転職条件は『今より好待遇?』or『長く続けられる職場?』 超高齢化社会において、薬剤師をはじめとする医療のニーズが拡大しています。また、同時に少子化の影響で薬剤師の担い手が慢性的に不足している状態でもあります。すると、新卒でも転職でも、薬剤師転職の求人条件が年々向上していることに気付くでしょう。では、これから転職をしようと考えている方、好待遇を求めるべきか、それとも定年まで長く勤務することを優先すべきか、どちらの方が将来的にメリットとなるのでしょう。

 

 一般的に薬剤師の年収は高いとされています。令和元年の賃金統計では、薬剤師の平均年収が561.6万円とあります。全業種の平均が441万円ですから、薬剤師は明らかに高収入に当たります。もちろん、転職での給与も他業種に比べるとずっと高額です。また、薬剤師は女性資格者が多いことから、職場の福利厚生では女性にメリットのある内容にする傾向にありますし、職場環境も働きやすさを優先しています。各有給休暇の取り方や勤務シフトも私生活に無理のない条件が選べるでしょう。

 

 一方、定年までの勤務の点でも問題はないでしょう。薬剤師の資格は定年後70歳になっても転職の需要があります。もちろん、公務員薬剤師や企業、病院や調剤薬局では60歳か65歳定年ですが、現実問題としては定年後の再就職の窓口が広く、70歳を超えても勤務できる職場は少なくありません。

 

 このように、薬剤師に限っては、好待遇の職場を優先して転職することも可能ですし、長く勤務できる職場を選ぶことも問題ないということです

 

薬剤師にWEBアンケートをし薬剤師転職サイトの魅力を解析

 

薬剤師にWEBアンケートをし薬剤師転職サイトの魅力を解析 薬剤師にとって、転職サイトの魅力とは何でしょうか?転職に成功した薬剤師が利用した転職サイトには、いくつかの共通点があるものです。そこで、薬剤師にWEBアンケートを実施し、利用したサイトのどのような点が魅力だったのかをまとめました。以下は、アンケート結果で多くの人が挙げた、薬剤師転職サイトの魅力です。サイト選びの際に、ぜひ参考にしてください。

 

 アンケート結果によると、転職サイトの最大の魅力とは、自分一人でやる場合よりも大幅に手間と時間を減らせることでした

 

 転職活動で最も大変なのは、現役薬剤師の場合、時間の捻出ではないでしょうか。多くの人は今の仕事を続けながら、並行して転職活動を行います。いきなり退職してフリーの身となってから転職活動を開始するのは、リスクが大きいので当然でしょう。

 

 しかし、仕事をしながら求人を探すのはたいへんです。また、希望の求人が見つかり、応募して書類選考を通過したとしても、面接日程を調整する段階で、また一苦労発生します。その点、サポートの充実した薬剤師転職サイトであれば、コンサルタントに求人探しから面接日程の調整まですべてやってもらえます。仕事をしながら転職活動をする方にとって、このサポート力の高さは大きな魅力です

 

 また、転職サイトによっては、応募先の職場との条件交渉までやってもらえるところがあります。アンケートで評価の高い転職サイトには、そのような交渉を代行するコンサルタントやエージェントが在籍しているのが特徴です。条件交渉など一人ではそう簡単にできることではないので、確かにこれは転職サイトを利用する大きな魅力と言えるでしょう。

現役薬剤師が選ぶ薬剤師転職サイトの人気ランキング!記事一覧

リクルートの転職支援サービス【リクナビ薬剤師】 転職カテゴリでは国内最大手「リクルート」のグループ会社が運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。大手の製薬会社から小規模の薬局まで幅広い求人案件を保有している点などが評価されています。運営会社株式会社リクルートドクターズキャリア本社所在地東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル4F雇用形態正社員・非常勤・パート対応エリア全国求人件数35,000...

薬剤師の求人・転職 【日本調剤ファルマスタッフ】 日本調剤ファルマスタッフは、日本調剤株式会社が運営する薬剤師専門の転職サイトです。国内有数の調剤メーカーのグループ会社ということで、その実績やノウハウ、信頼性が評価され信頼を得て現在口コミでも人気が出ています!運営会社株式会社メディカルリソース本社所在地東京都中央区八重洲2-2-1 住友生命八重洲ビル1F雇用形態正社員・派遣・パート・アルバイト対応...

薬剤師求人の王道【薬キャリ】 案件数、質量ともに安定した求人情報を保有し、登録者の担当コンサルタントに対する満足度が高い点などが評価され、求人ランキングでも常に上位にランクされています!運営会社エムスリーキャリア株式会社本社所在地東京都港区芝大門2−2−11泉芝大門ビル5F雇用形態正社員・パート・パート(扶養内)・派遣対応エリア全国求人件数40,000件以上非公開求人あり紹介可能な業種調剤薬局病院...

薬剤師専門の転職支援サイト【マイナビ薬剤師】 様々なジャンルで利用されている転職業界の大手「株式会社マイナビエージェント」が運営しているという信頼感が高い事からも、全国の多くの登録利用している薬剤師の方の支持を得ています!運営会社株式会社マイナビエージェント本社所在地東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル 23階雇用形態正社員・解約社員・パート対応エリア全国求人件数60,000件以上非公開求...

業界トップクラス!【病院薬剤師ドットコム】 好条件の病院薬剤師求人を探すなら病院薬剤師ドットコムに登録したら見つかるかもしれません。医療機関ネットワークで得た病院求人が豊富です。■運営会社:株式会社メディウェル■本部所在地:東京都渋谷区恵比寿南1丁目5-5 JR恵比寿ビル9F病院薬剤師ドットコムで調剤薬局から病院勤務に転職体験レポート 私が病院勤務に転職しようと思ったのは、調剤薬局の業務では薬剤師...

満足度の高い転職サービス!【CBネット薬剤師】 (注)薬剤師転職の事業は終了しています。■運営会社:株式会社キャリアブレイン■本社所在地:東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル【CBネット薬剤師】の転職サービスを利用した方の体験談その1 勤めていた医院が院長の代替わりで人員削減となり、転職を余儀なくされました。薬剤師としてのキャリアは6年ありましたが、単科の調剤経験だけだったので、新しい職...

薬剤師の年収アップ転職【DODA薬剤師】 (注)薬剤師転職の事業は終了しています。■運営会社:株式会社インテリジェンス■本社所在地:東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング27F・28F【DODA薬剤師】の転職サービスを利用した方の体験談その1 DODA薬剤師を利用して就職活動をしました。このDODA薬剤師ってとても便利なサイトなんですよね。薬剤師としての転職求人サイトがとても豊富ですし、...

薬剤師専門の転職支援【ファーマ人材バンク】 (注) ファーマ人材バンクは、2009年12月にエムスリーキャリアに移管されました。■運営会社:エムスリーキャリア株式会社■本社所在地:東京都港区芝大門2−2−11 泉芝大門ビル5F【ファーマ人材バンク】を実際に利用した方の体験談その1 薬剤師になって初めて就職した薬局に勤めて数年、そろそろキャリアアップしたいなと思ったのがきっかけで転職を決意。でも転職...

page top