薬剤師転職 概要

多くの薬剤師が利用する転職サイトの概要について

薬剤師の概要と便利な求人情報について
薬剤師の概要と便利な求人情報 薬剤師は、専門の大学を卒業後に、薬剤師の国家試験に合格し、薬剤師名簿に登録申請すると、薬剤師の免許が与えられる資格で、合格率が60%〜80%となっています。主な業務内容は、調剤、服薬指導、薬歴管理、一般用医薬品の販売、治験コーディネーター、臨床開発モニター、医薬情報担当者、臨床開発など多岐に亘り活躍できる専門の職業です。働く場所は、主に病院やドラッグストア、製薬会社などですが、行政などでも厚生労働省や麻薬取締官、保健所などでも資格を活かせますが、国家公務員として働く場合は、国家公務員1種や2種の試験に合格する必要があります。

 

 そんな薬剤師求人ですが、一般的には求人情報で仕事を探すのですが、インターネットを利用すると、医療専門の求人情報サイトがあり、ここで探すと、職種、地域、勤務形態などから検索でき、さらに詳細情報も閲覧でき、これらの事が全て無料で利用できます。また、無料の会員登録をする事で、コーディネーターへの無料相談や、優良求人情報を優先的に紹介してくれたりと、いろいろな特典があり、サイトによっては、無料会員登録後に、そのサイト経由で就職先が決まると、お祝い金が貰えるサイトもあるので、利用する価値は十分にあります。医療専門の求人情報サイトは、全国の医療関係の求人情報のみが掲載されているので、スキルアップやステップアップを目指している人や、より良い条件を探している人などの転職にも利用でき、子育てなどで一度離職した人なども、復帰を手伝ってくれます。

 

薬剤師転職サイトに登録したら絶対に転職しなきゃだめなのか?

親身に相談にのってくれるコンサルタントから紹介されたら断りにくいな...
薬剤師転職サイトに登録したら絶対に転職しなきゃだめなのか?
 薬剤師の雇用ニーズが高いため、転職や職場復帰の再就職でそれほど困難はないかもしれません。ですが、より希望の条件で職場を得るには、やはり専門的なコンサルが得られる薬剤師転職サイトの利用はおすすめです。それはもっともなことと理解していても、その手の転職サイトに登録すると、紹介された職場に転職しなければならないと二の足を踏んでいる方も多いことでしょう。でも、ご心配は不要です。基本的に転職サイトのサービスは受ける側に選択権・決定権があり、無理やり転職を強要するサイトはその場で利用を辞めてしまっても全く問題ありません。

 

 人によってはせっかく親身に紹介してくれるのだからと、つい断りにくくなってしまうケースもあります。ですが、希望に沿わない転職先の紹介はきっぱりと断っても大丈夫です。担当のコンサルタントは依頼者の利益を優先する形でサポートをしますから、紹介されたところに転職しなくても、積極的に次の候補を探して紹介すしてくれます。

 

 また、すでに転職に向けて話が進んでいたとしても、他の求人が良いと気が変わることもあるかもしれません。その場合でも、ちゃんと理由を説明すれば担当のコンサルタントが上手に話を納めてくれます。そういうことですから、薬剤師転職サイトはとりあえず登録だけしておいて、安心してじっくりと転職先を探すことができます。基本的には売り手市場の薬剤師です。まずは希望の条件を自身で明確にし、焦らずにじっくりと転職活動をしてください。

 

登録しないほうがいい薬剤師転職サイトの特徴

おすすめしない転職サイトには特徴がある!

登録しないほうがいい薬剤師転職サイトの特徴

 薬剤師が転職活動を成功させるための重要なポイントの1つに、薬剤師転職サイト選びが上げられます。薬剤師転職サイトはさまざま企業が運営しており、一見同じ様に見えて、そのサービスの質には差があります。そのため、質の悪い薬剤師転職サイトに登録し続けてしまうと、転職活動がスムーズに進まず、転職に失敗してしまう可能性が高まってしまいます。

 

 登録しないほうが良い転職サイトにはいくつか特徴があります。1つ目は求人数です。他の転職サイトと比較した際に、明らかに求人数が少ない転職サイトは避けるのがおすすめです。求人数が少ないということは、自分の希望条件にあった求人と出会える確率が低いということです。そのため、可能な限り、求人数の多い転職サイトを探すようにしましょう。

 

 2つ目は、コンサルタントです。薬剤師転職サイトに登録すると専任のコンサルタントが1人付き、転職活動のサポートを行ってくれます。しかし、このコンサルタントの質が悪いと、無理やり希望条件外の求人を進められたり、連絡が滞ったりなどの問題が発生する場合があります。そのため、少しでも自分にあったコンサルタントと出会えるように、複数の転職サイトに登録し、コンサルタントを比較できる環境を整えましょう。

 

 そして3つ目は非公開求人の有無です。薬剤師転職サイトには一般的には公開されていない、非公開求人というものがあります。非公開求人には条件の良いものが多く、人気の求人となっています。そんな非公開求人が全く紹介されない場合は、求人サイトの質が悪い可能性が高いため、登録を解除することをおすすめします。

 

ハローワークの薬剤師求人情報は有益ですか

ハローワークで薬剤師の求人を検索するメリットとデメリットとは?

ハローワークの薬剤師求人情報は有益ですか

 ハローワークは国によって運営されている職業紹介所です。転職経験の有無を問わず、ハローワークの名前を知っている人は多いでしょう。ハローワークの主な業務は人材を求めている企業に、職を探している求職者を紹介し繋げることです。そのため、転職を考えている人はハローワークを利用するか考える方も多いと思います。

 

 ハローワークが所有している求人の中には、もちろん薬剤師に関する求人も多く、中にはハローワークにしか掲載していない企業のものも少なくありません。そのため、薬剤師の中にもハロワークを利用して転職活動を行うという人がいます。前述の通り求人数も多く、職業訓練などを受けることが出来るというメリットもありますが、薬剤師が再び薬剤師として転職をしたい場合には、いくつかデメリットも発生します。

 

 ハローワークを利用するデメリットの1つに、専門的知識の欠如が上げられます。ハローワークの職員は薬剤師に関するエキスパートではありません、そのため、薬剤師に関する相談を行う際は、薬剤師転職サイトなどのコンサルタントよりも情報量が劣ると考えておく必要があります。また、ハローワークでは面接日の調整は行ってくれますが、給与交渉など雇用条件の交渉は行ってくれません。その反面、薬剤師求人サイトのコンシェルジュは日程調整から条件交渉まで行ってくれるため、手間と時間をかけたくない人にとっては便利な仕様となっています。

 

 このようにハローワークは、薬剤師としてのスキルアップを狙っての転職には向きません。ただし、薬剤師以外の仕事を検討している場合は強い味方になってくれるでしょう。

評判の良い薬剤師転職サイトの特徴は?

現役の薬剤師からも評判が良い薬剤師転職サイト3つの特徴!

評判の良い薬剤師転職サイトの特徴は?

 薬剤師が転職を考えた時、たくさんの求人情報の中から条件や希望に合わせて求人を絞り込める、薬剤師転職サイトを利用するという人は多いものです。働きながら仕事探しをすることは大変ですから、隙間時間を利用してサッと求人を絞り込むことができ、ネットで簡単に応募できる薬剤師転職サイトは、とても人気があります。

 

 これらの薬剤師転職サイトの中でも、現役の薬剤師にとって評価が良いサイトにはどんな特徴があるのでしょうか?

 

1つ目の特徴

 紹介している求人の数が多く、常に最新の情報が反映されているという点があります。どんなに条件が良い魅力的な求人でも、応募しようと思ったら既に締め切られているのでは、意味がありません。評価が良い転職サイトの多くは、常に最新の情報がサイトに反映されているだけでなく、新規案件は随時更新されるなど、魅力的な求人が出たらすぐに応募できる環境となっています。

 

2つ目の特徴

 エージェントが迅速に対応してくれるという点が挙げられます。特に、現役の薬剤師にとっては働きながら転職活動をするため、面接日や入職日を代理で交渉してくれるなどのサービスがあるサイトは、評価が良い傾向にあります。登録すると速やかに求人を見つけて応募できるサイトもまた、現役の薬剤師から評価が良いと言えます。

 

3つ目の特徴

 薬剤師の職務に精通しているサイトが挙げられます。薬剤師という仕事に対して深い理解があることによって、かゆい所に手が届くサービスを提供してくれるという点が、現役の薬剤師から評価が良い理由だと考えられます。例えば、待遇や条件を代理で交渉してくれることで、より満足度の高い転職先を見つけやすくなります。

 

 

薬剤師転職サイトに登録する前に知っておくと良い注意点

薬剤師転職サイトを活用して転職先を探す際には、登録前に知っておくべき条件!
薬剤師転職サイトに登録する前に知っておくと良い注意点 1つ目は、複数登録してもOKという点です。薬剤師転職サイトはたくさんありますが、それぞれが異なる求人情報を取り扱っています。中には複数のサイトが同じ求人を取り扱っているケースはあるものの、複数登録することによって、より多くの求人情報から気に入ったものを見つけることができます。

 

 2つ目は、登録したからと言って、必ず転職しなければいけないというわけではないということです。薬剤師転職サイトのエージェントは、薬剤師を転職させることによって転職先から報酬を受け取ります。そのため、積極的に転職を勧めてきます。転職したい薬剤師と二人三脚で仕事探しをしてくれるという点では、転職サイトを利用する大きなメリットがあります。しかし、転職すると決意したわけではなく迷っている人にとっては、押しが強すぎると感じることがあるかもしれません。登録しても転職しなければいけない義務はないことは、登録前に知っておくと良いでしょう。

 

 3つ目は、エージェントとの相性が転職活動に大きく影響するという点です。薬剤師転職サイトはたくさんあり、それぞれのサイトごとに複数のエージェントが働いています。エージェントはロボットではなく人間なので、求職者との相性が良いとか悪いということはもちろんあるでしょう。もしも相性が悪いエージェントの場合には、チェンジを依頼してもOKです。

 

薬剤師として働きながらの転職・辞めてからの転職どっちが良い?

原たきながらの転職・辞めてからの転職両方ともメリットとデメリットがある!
薬剤師として働きながらの転職・辞めてからの転職どっちが良い? 忙しい薬剤師にとって、働きながら転職活動をすることは、時間的にも精神的にも大変な作業です。辞めてから転職活動したほうが良いのか、それとも忙しくても働きながらのほうがベターなのか、転職のタイミングに関して悩む人は多いでしょう。

 

 働きながらでも辞めてからでも、転職先を見つけることは可能です。しかし、それぞれメリットとデメリットがあるため、どちらも理解した上で、自分が置かれている状況にとってどちらが良いのかを判断すると良いでしょう。もしも迷ってしまった場合には、働きながら転職活動をするのがおすすめです。

 

 その理由は、働きながら転職活動をすると、収入が途切れないという安心感があるからです。辞めてからだと収入がなくなるため、時間の経過とともに焦りが生じ、転職先を妥協しなければいけないかもしれません。収入が途切れないという安心感は、転職先で妥協せずに済むというメリットにつながります。

 

 職務経歴上のブランクがないという理由もまた、働きながら転職活動をするメリットとなります。仕事を辞めてからだと、面接の際には必ず「どうして退職したのか?」という質問を受けるでしょう。また、ブランク期間が長くなればなるほど、転職の際に不利になってしまう可能性もあります。

 

 そう考えると、職務経歴上のブランクがないということは、転職活動にとっては大きなメリットとなります。ただし、資格取得に向けて勉強したなど、ブランク期間を目的をもって充実した日々を過ごすなら、ブランクがデメリットになるリスクは小さくなります。ケースバイケースで考えましょう。

page top